スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
特撮美術館
東京都現代美術館にて開催〜館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技〜に行ってきました。
10月までやってるからとのんびりしていたが、さすがヱヴァンゲリヲンの庵野監督プロデュースだけあって、かなり人気らしく、土日は混雑して危険かなと思ったので、急遽、平日に休みをとり行ってきました。
しかし、東京都現代美術館、駅から遠くて行きづらい・・・
私は半蔵門線清澄白河駅から歩いて行ったが、徒歩9分?けっこう距離ありました。
道端のところどころに、ヘンなカカシが立っており、さすが現代アート?と思いました。しかも帰り道にはまた増えてるし!なんだか恐いよ・・・

さて、平日14時すぎに入館しましたが、入場待ち、チケット購入待ち行列はありませんでした。なんだ、チケット事前に用意しなくてもよかったか。
音声ガイダンスがあったほうがいいとの事前情報があったので、ペアのものを借りました。機械が1つで、ヘッドホンが2つのものね。機械を私にかけていたので、夫は1m以内にくっついていなければならず、なんか紐に繋がれた犬のような気も・・・
音声ガイダンスは70カ所もあるので、これをすべて聴くだけでもかなりのボリュームがあります。

特撮博物館会場内は平日にもかかわらず、けっこう混んでいました。20代くらいの若者カップル(エヴァ世代か?)や、男性一人や、母親と子・・・あんまり子供は多くなかったです。

《人造 原点I》
ここではモスラや地球防衛軍などの特撮映画、マイティジャックなどの特撮テレビシリーズ作品中に出てきたメカなどを紹介。私はほとんど見たことない作品ばかりですが・・・とにかくドリル愛!ってことはわかりました。(笑)あと水陸地底両用なメカのロマン!
地球防衛軍については、島本先生のアオイホノオで友達が「地球防衛軍からや!」って勧めているシーンがありましたね。それくらいの知識しかない私・・・
あと、轟天号っていう名前の犬が出てくる漫画がちょっと前にありました。私らの少し上の世代の漫画家やアニメーターや映画製作者などにこのあたりの特撮物はかなり影響を与えていたのでしょう。
庵野氏の解説(妻の安野モヨコ氏のイラスト付き)もところどころにあり、愛を感じました。

《超人 原点II》
ここではウルトラマンシリーズのデザイン原案やマスク、メカ、それにその他のTV特撮ヒーローのマスク等を紹介。
ウルトラマンは、今再放送でやってるのを夫と一緒に見ているところです。
ウルトラマンのデザインだけでなく、科学特捜隊の服や銃、基地の構造に至るまで力の入っていることに驚かされます。
ウルトラマンシリーズのメカもいろいろ見られるのが楽しい。特に、ウルトラマンタロウのメカのデザインが奇抜すぎて笑った。ラビットパンダは狂ってるだろう・・・(笑)
他のTV特撮ヒーローのマスクも多数展示されておりました。でも残念ながらほとんど知らない・・・怪傑ライオン丸って、ドラえもんの漫画の劇中テレビ番組にそんなのが出てきたような。あと、髪をボサボサにしていると、母親によく、「ライオン丸みたい」と言われたもんでした。

《力》
平成ガメラシリーズや映画「日本沈没」シリーズのミニチュアが展示されておりました。
そこを抜けると、歪んだ東京タワーなどがあり、なんだか暗く禍々しい雰囲気に・・・


ここからはネタバレかもしれないので追記に書きます。
スポンサーサイト
【2012/08/30 22:35】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千葉市美術館〜どうぶつ大行進
千葉市美術館にて開催中の夏休み特別企画「どうぶつ大行進」展示に行ってきました。
動物をテーマにした江戸〜昭和の絵(主に日本画)が200点以上も展示されています。
千葉市美術館は2フロア展示スペースがあり、かなり見ごたえがあるのです。
しかも入館料大人200円!安い!
チラシもこんなかんじで、展示作品《動物第一 獣類一覧双六》の双六をパロったものになっており、ところどころの動物の線が盛り上がっていて上に紙を載せてこすると絵が写し取れるようになっている。豪華で綺麗なチラシ!
どうぶつ大行進
このチラシに描かれている動物を探しながら絵を鑑賞するのもけっこう楽しかったです。

展示作品には江戸時代の円山応挙や酒井抱一などの江戸絵画や、葛飾北斎や歌川国芳などの摺物や、博覧会や動物園の様子を描いた版画、書籍の装丁・挿絵にあしらわれた動物、明治時代の英語の教本のなかの動物など、バラエティに富んでおりました。

個人的には、楽しげに歩む牛の背中にむっつりした表情の老子が乗っている、酒井抱一の《老子図》がまた見られてよかったです。昨年の酒井抱一展のときに見ましたが、これは千葉市美術館蔵なんですね。

これも江戸時代から、中村芳中《鹿図》の掛け軸は、単純化され口を開けた魚のような顔になった(?)鹿をたらし込み技法で豪快に描いたもの、かわいいというか、インパクトありました。(笑)

あとは、けっこう版画が多く展示されていて、江戸時代の浮世絵の版画はよく見かけますが、明治以降、大正、昭和時代の版画もあり、保存状態や発色がきれいでした。気に入ったのは樋口五葉の《鴨》(大正時代)。

千葉はボリュームがあり良い展示をやるので、江戸絵画っぽいものをやるときは注目しています。
もう少し近ければねえ・・・(家から2時間はかかる)


この日も暑かったので・・・
美術館帰りに千葉そごうの地下で食べた宇治金時。
宇治金時
かき氷なんて久々だわ・・・


【2012/08/25 22:54】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
写真整理
今週は5日間休みをとり、9連休!
前半は帰省しましたが有意義に使おう・・・ということで、下記作業を予定しております。
・お絵描き
・写真(iPhoto)の整理
・Orphaned Land(オリエンタルメタル)のCD・DVDレビュー

今日はiPhotoの整理をしていました。
膨大な画像ファイルから、2011年、2012年のセレクション写真をピックアップするという作業です。

うーん、毎年だいたい同じお花を被写体に撮影しているけれども、ピントが思うところにあっていなかったり、これぞ!という構図で撮れていなかったり、2010年に撮った写真のが良くないか?などと、いつのまにかひとり反省会に。;;
新しいレンズも購入したことだし、より精進しないと!
来月は彼岸花咲くし!でも彼岸花はピントあわせるの難しいんだよな〜。
そういえば、近所のD2(DIYショップ)に赤い彼岸花、白い彼岸花(リコリス)の球根売ってたな。春頃にはアガパンサスの球根も売ってた。引っ越ししたらベランダに植えようかな。
アガパンサスは職場の近くに群生しているところをみつけた。(オフィス街のど真ん中よ)。今年は時期すぎてしまったので来年狙う!

ちょっと前に咲いたうちのトルコギキョウ。
夫が折ってしまったので、生けた。(8月4日撮影)
トルコギキョウ
トルコギキョウ、これ以降、つぼみはつくけど枯れてしまうので咲かない。暑すぎるのかな・・・;;

今日の9時頃の蓮。まだぽつぽつ咲いてきているわね。
蜂の巣に気をつけないと・・・
蓮
それにしても暑い。撮影してたら化粧が流れて目に入ってイタい!><

睡蓮鉢(土管?)の周りには赤い蜻蛉が数匹飛んでいました。
鮮やかでカッコイイ!
蜻蛉
ここの水場が繁殖地になってるんでしょうね〜^^

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

【2012/08/17 18:31】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
仙台
今年の帰省は仙台経由ですることにしました。
なぜなら、仙台のジョジョ展に行く予定だったから・・・
しかし、ジョジョ展のチケット、前売り終了で当日券なしというまさかの展開!orz
でも新幹線とホテルとっちゃったので、そのまま仙台へGO!
到着した夜は、ホテルの地元の素材を使ったフレンチがおいしかったので満足。^^

オーソンはホテルの隣のビルでした。
オーソン
夜なのに、絶え間なくジョジョ目当てのお客が訪れていた様子で、けっこう盛況。オーソンオリジナルノート買っちゃった・・・。
客は、大学生くらいの若者が多かったように感じた。私らはジョジョファンでもけっこう年季入ってると思うよ・・・

ジョジョ展行けないので、仙台市博物館で伊達政宗の鎧でも見に行くかと思ったら・・・
月曜は軒並み休館だったYO!!
青葉城趾に行ってちょっと時間をつぶしたり。それにしても暑い。。
伊達政宗像
伊達政宗像の元にはおもてなし隊?がいました。写真撮影の合い言葉は「ずんだもち」らしい。

龍天江という老舗の中華料理屋で昼食後、15時頃からバスにて帰省先の山形に移動。結局、仙台では食い倒れの旅となってしまった。^^;

帰省したらすごい豪雨でした。なんか7月以来?久々に降ったら豪雨って・・・

ジョジョ展東京展は絶対チケット取ってやるからなァァーーーッッ!!




【2012/08/13 20:07】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
三井記念美術館〜日本美術デザイン大辞典〜
三井記念美術館にて開催〜日本美術デザイン大辞典〜展に行ってきました。
ポスターでみて行こうかなあと思っていたのですが、けっこう会期長くやっていたのね。

「大辞典」の名の通り、日本美術をあいうえお順のキーワードに従って、三井の所蔵品現物をみせながら、紹介していきます。贅沢な立体の大辞典。
例えば、「あかえ」ー「あしでえ」ー「いろえ」ー「いんざい」ー「うきえ」ー・・・といった具合です。
家族で鑑賞して、子供にも理解できるよう、それぞれについての説明もちゃんとついています。なので、一つ一つ説明書きを読んでいると、かなり時間かかると思います。
私は必要なところだけかいつまんで説明を読んでいました。

かたみがわり(片身替り)の《菊萩蒔絵中棗》が凝っている蒔絵で素晴らしかった。
こしらえ(拵え)《青海波桜花打刀拵》は一見すると黒くてわからないが、よくみると青海波と桜が黒い塗りによって表現されたシックな逸品。刀の鞘なんですが。
最後のほうに、らくやき(楽焼)の長次郎《俊寛》、道入《鵺》、宗入、長入の4つの楽焼の茶碗の展示は圧巻でした!特に長次郎とノンコウの茶碗は名椀ですよ!!><

如庵での茶室の取り合わせのテーマは、織田有楽で、渋〜〜い展示でございました!


今日のデザートは・・・新宿タカノフルーツパーラーにて桃とマンゴーとパインのパフェです!贅沢〜♪
タカノ



【2012/08/05 23:36】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。