スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
山種美術館〜東山魁夷と日本の四季〜
日本橋三越から渋谷へ移動して、山種美術館にて開催〜東山魁夷と日本の四季〜に行ってきました。
本展は、11月から開催してたのに、また終わり間際になってしまいました。なので、こちらもやはり混んでいました。

東山魁夷の作風は洋画に近い感じがして、最初はあまり私のストライクゾーンではなかったのですが、先日MOMATで《白夜光》(フィンランドの風景)を見て、その自然描写に興味を持つようになりました。

第1章 風景画家への道
師の結城素明の教えに従って、ひたすら写生をよくしたことが説明に書かれていました。さらに、師である川合玉堂にスケッチを見てもらっていたりも。
川合玉堂《雪志末久湖畔》はいつみてもこのセピア色の湖の水の色が美しい・・・

第2章 《満ち来る潮》と皇居宮殿ゆかりの絵画
超大作《満ち来る潮》と、皇居新宮殿を彩った安田靫彦《万葉和歌》、 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》、 上村松篁《日本の鳥・日本の花》屛風、 橋本明治《朝陽桜》の同時展示は圧巻でした!
《満ち来る潮》はよく見ると波間の水面がカモフラージュ柄みたいになってるんですね。小下図を見ると、下絵を縦横斜め(菱形)に区切った線が見え、大きな絵を描くのに苦労したことが伺えます。さらに、岩にぶつかる波しぶきをプラチナ箔、朝日のきらめきを金箔を使って煌びやかに表されており、島国日本を象徴するような、力強い絵画となっています。
橋本明治《朝陽桜》も、金箔の使い方がポイントだと思います。 この桜も、グラデーションが美しい山口蓬春の楓も、どちらも福島県にある樹木を元にスケッチして仕上げたのだそうです。

第3章 京洛四季〜魁夷が愛した京都の四季
魁夷は、作家、川端康成の勧めで、京都の自然を描いた「京洛四季」連作に着手したそうです。
「今描かないと、この京都の自然は失われて行ってしまう」という思いだったそうです。
《春静》 《緑潤う》 《秋彩》 《年暮る》の4作に本日一番感銘を受けました。
そして、一番のお気に入りは《緑潤う》です!緑と青を基調にした、湿潤な空気を含んだしっとりとした美しい絵画です。この風景、修学院離宮の夏の風景なんですね。
2010年7月に、私も訪れました。
修学院離宮

魁夷の描いた京都の風景を見ていると、心穏やかになってきますね。
《北山初雪》は雪をかぶった針葉樹(檜?杉?)を描いていますが、雪をかぶった頭の方の白さと、幹の方の暗さの対比が見事だと思いました。そして、山や木々の筆致もとても細かい。それは写生のなせるわざなのかなと思いました。

第4章 四季を愛でる
展示の最後は《白い朝》。朝、窓の外を見ると、一面の雪だった。白く雪をかぶった枝に、キジバトが羽を膨らませて、とまっていた、という風景。何気ない?身近にある風景ですが、絵画からは詩情が感じられます。

第二展示室には、東山魁夷と同時代の画家の四季を描いた絵画。
山口蓬春《梅雨晴》(あじさい)と《錦秋》(楓の落葉の上に黄連雀?2羽)。
私は蓬春が描くグラデーションが好きなので、いつか山口蓬春展もやってほしいです。
山口蓬春記念館(逗子)に行けばいいんだけど。


スポンサーサイト
【2015/01/31 23:42】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岡田美術館所蔵琳派名品展
日本橋三越にて1月21日〜2月2日まで開催、岡田美術館所蔵琳派名品展〜知られざる名作初公開〜に行ってきました。
岡田美術館といえば、昨年、歌麿の大画面肉筆画、《深川の雪》が発見され、公開されたことで大きな話題になりました。場所は箱根、しかも入館料が3000円弱とお高い(箱根近辺の美術館等はどこも高め)のでなかなか行く機会がありませんでしたが、まさか日本橋に来てくれるとは!しかも琳派!ならば行かなくては!
と思ったものの、夫の予定があわず、しかも会期が2週間もないので、終わり間近になって急遽一人で行ってきました。会場内は、中高年男女で混みあっていました。

今年は琳派400年記念なんですね。
俵屋宗達・本阿弥光悦から始まり、尾形光琳・乾山、そして酒井抱一、鈴木其一へ・・・
琳派の絵画や工芸品はけっこう見てきましたが、ここにあるのはもちろん、まだ見たことのない琳派作品です!

俵屋宗達下絵・本阿弥光悦書の《柳に波下絵和歌色紙「ほととぎす」》は青緑色の下地に、繊細に金(泥?)で描かれた柳の枝葉が美しかった。草書も少しは読めるようになったかね。

光琳は《菊図屛風》がが美しかった。金地に、白い菊の花びらは胡粉が盛り上げて一枚一枚丁寧に描かれており、葉は緑色と、墨色で、葉脈は金色で描かれている。余白も見事で、これぞ琳派的装飾、ともいうべきである。

抱一で気に入ったのは《桜図》。薄く描かれた山桜の花びらは、正面に立つと見えない。ちょっと角度をつけて見ると見えてくるのが不思議で、繊細で、引き付けられました。

一番驚いたのは鈴木其一の《木蓮小禽図》。木蓮の花は紫。花は薄い赤紫色の絵具で描いた上に、濃い、墨色に近い紫色で重ねて描いているようだ。その濃い花びらの筆致は、ぼかしやかすれを用いながら、より自然な花びらの表現になっているところに感銘を受けた。葉の色も色調を抑えた色味となっていて、また、画面の下方に、花びらの大きさほどの鳥(鶯?)が枝にとまっている。これはマジカッコイイ。其一はもっとパキッとした色づかいをするイメージだったけど、こういう絵も描くのね。
岡田美術館で3月までやってる展覧会「大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち」に速水御舟の《木蓮》が出ているらしいが、写真を見ると、この其一の木蓮にすごく似ていますね。御舟は其一の木蓮を見てインスピレーションを得たのでしょうか。

其一《名月に秋草図》は真ん中が満月の絵で、左右が萩や薄や葛などの秋草図の、三幅一対でした。均整のとれた秋草図。左の朝顔の花は顔料できらきらしていました。

見たことのない抱一や其一の名品を見られたのでとても満足でした。
もうちょっとすいているといいけど。
箱根の岡田美術館にもぜひ行ってみたいですね。日帰りは難しいか・・・


【2015/01/31 22:38】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三井記念美術館〜雪と月と花〜
三井記念美術館にて開催〜雪と月と花〜展を見てきました。
11月に、三井、五島、根津の三館めぐりを達成したので、その半券でタダで入れたんですね。ぐずぐずしていたら会期間際になってしまったので、急遽平日に行くことに。(私は休日出勤があったので振替休日)
しかも閉館がせまって、駆け足ぎみでの鑑賞となってしまいました。

雪と月と花チラシも美しい

志野茶碗《卯花墻》、円山応挙の《雪松図屛風》という二つの国宝を中心に、日本人の心象風景に潤いを与えてくれる雪・月・花をテーマとした展示となっていました。

茶道具では、《秋の蒔絵棗》(啐啄斎在判)が良かったです。棗は持ってないので、一つほしいです。

応挙の《雪松図屛風》はいつ見ても上品で素晴らしいですね。雪を描かずに表現するという。この雪をかぶった松の葉の表現は後進に大きな影響を与えたようだ。ほのかな金箔の輝きも美しい。(金砂子かな?)

酒井抱一《秋草に兎図襖》は初めて見たっけ?板目を斜めになるように貼り、その上に風雨に煽られる秋草(薄、葛の葉)を描く。風雨になびく秋草を描かせたら抱一の右に出る者はいないと思う。

土佐派の土佐光起の《四季草花図色紙》は花の名前を当てながら見るのも楽しい。夫もだいぶ花の名前がわかってきたのう。鉄線が良かったです。うちにも四季ごとの花の色紙を飾りたいので、ほしいです。

《紫陽花蒔絵茶箱》、《萩蒔絵茶箱》などの螺鈿を施した蒔絵の工芸品も良かったです。

象彦作《月宮殿蒔絵水晶台》はよく見ると大変細工が細かく、二段目の台には宝石のような石が岩山のようにはめ込まれていることに驚きました。明治〜昭和時代なのでわりと近代。
月宮殿といえば、聖闘士星矢のアテナの姉が住んでいるところだな〜と思ったり。こないだ聖闘士星矢の続編読んだので。(笑)

銀座に移動して、三越の地下を散策した後、夕飯はトルコ料理「コンヤ」でいただきました。
禁煙だし、料理はどれでもおいしかったし、トルコ人らしきウェイトレスの女性もかわいい人でした。


【2015/01/20 23:44】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dark Tranquillityの2015年
1月4日にNYで行われた、Blabbermouth.netのミカエルさんへのインタビューによると、Dark Tranquillityは、現在(1月いっぱい)の北米ツアー完了後は、スウェーデンに戻って、新譜作成に向けて動き出すということだ。(その間にいくつかのフェス出演などはあるけど)。既に新譜へのアイデアはたくさんあって、作曲にとりかかるのがとても楽しみだとミカエルさんは言っている。

現在の最新の10thアルバム"Construct"が出たのは2013年の5月で、私がダートラ聴き始めたのがその頃だったので、既にアルバムはできていて、アルバムを作る過程とか、新曲のティーザーが公開されたときのワクワク感とか、そういうのを味わうことはできなかったんだよね。
同年に発売されたAmorphisの"Circle"とかOrphaned Landの"All Is One"では体験できたのだけど。
だからこれから、FBやtwitterなどで、ダートラの新譜に関するニュースを見守ることができるのが、今から楽しみです。
新譜の発売は来年くらいになるかもしれないけど、今まで、コンスタントに新譜発売→来日のサイクルできているだけに、もちろん新譜が出たら次は来日ライブが期待できるわけで、その点でも、これからの楽しみは増すばかりだ。

Amorphisも新譜にとりかかるみたいだし、Solution.45もDisarmonia Mundi(1年半前に「作曲が終わった」って言ってた気がするけど)、Mokoma、Borknagar、Arcturusも新譜製作中/作り終わったって言ってたので、2015年は、楽しみな新譜ラッシュになりそうです。 ^^


【2015/01/12 20:22】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
古田織部展
松屋銀座にて開催、没後400年古田織部展に行ってきました。
松屋銀座には、3年前に上田宗箇展見に来たよね。
9月に岐阜で見た「大織部展」の縮小版かなと思ったけど、もちろんかぶってる品もありましたが、こちらで初めて見るものも多かった。
正月4日だというのに、けっこうな人出です。年配客ばかり。
まあ岐阜で見たしと思って、さらっと見ることにしました。

展示は3部構成で、「織部の時代」「織部の茶の湯」「織部の茶道具」となっていました。
茶室の再現の展示、茶道のお作法(宗箇流?)の映像、平成になってから見つかった陶片の展示などもありました。

私が一番惹かれたのは、最後の部屋に展示されていた茶道具、《鉄絵梅文水指》。唐津の丸い壺で、漆塗りの蓋がついているが、元々水指であったわけではなさそう。胴に梅と竹と沢瀉文を描く。素朴だがとても素晴らしい筆致。さすが唐津。
あと、《弥七田織部半月型向付》も半月型のうつわに3つの脚がついていて、見込、側面にそれぞれ違う模様が描かれているのが凝っていて良かった。

時間があったので、スタンプラリーもやってみることにしました。
松屋銀座の1階〜屋上をめぐります。
へうげもの
階段のところにあった記念撮影コーナー。顔出しパネルではないのね。

古田織部展 古田織部展
スタンプを集めると、シールがもらえます。
年配客ばかりだったので、あまりスタンプラリーに挑戦している人はいなさそう・・・(^^;;


お昼は、トルコ料理に行こうとしたら、正月だからかやってなかったので、インドカレーのナタラジ。
ナタラジ
あえて、ビュッフェでなくセット。
ここは肉を使わないので、肉のような食感のものも、大豆グルテンだったりする。
大豆でできたナタラジティッカがうまい。(パンプキンカレーの上に写ってるの)
インドカレーはここが一番うまいと思う。
タンドーリチキンなどを食べたいときは、別だけどね。

【2015/01/04 21:07】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
今年は未年です!

羊
玉堂筆の羊。山羊みたいだけど・・・

羊
お気に入りの樂弘入の羊香合。

羊
今年のために購入した内田鋼一さん作のぐいのみと羊置物。

最近ヘヴィメタルネタばかりで申し訳ございませんが
今年もよろしくお願いします。(^-^)/


【2015/01/01 21:45】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。