スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
7月21日〜23日関西旅行(3日目)
7月23日、3日目は大阪です。
この日も雨でした。

中国古代陶磁のメッカ、大阪市立東洋陶磁美術館に行くことにしました。
東洋陶磁器の世界に名だたる名品を、ここで持ってます。

特集展は「東洋の青花磁器」。元時代のコバルトの発色は見事です。朝鮮時代の素朴な秋草がかかれた磁器もたくさん見られて満足でした。

まあしかし、最初は中国磁器の名品の数々を独占してゆっくり堪能していたのですが、数少ない客がうるさい・・・
日本人も中国人も韓国人もうるせえよ!
中国人?韓国人?の女の子2人連れはケータイで写真も撮ってましたので、注意しました。

海外では美術館内で写真を撮ったり、館内で話やディスカッションしながら見るのも普通なんでしょうか・・・
静かに美術品を鑑賞するという方が、今や古い考え方なのでしょうかね。


お昼はタクシーで心斎橋方面に移動して、あなご専門店であなご重を。
あなご重
泥臭さも全くなく、美味しかったです。
夫は昨日の台湾産うなぎよりも満足しておりました。

あなご寿司
あなご寿司も食べておきたいじゃない!


最後に京都駅。
京都駅
この3日間、あんまり京都にいませんでしたが。
だって、夏の寺社めぐりは、暑いんですもの。

スポンサーサイト
【2015/07/23 22:50】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月21日〜23日関西旅行(2日目)
7月22日、2日目は滋賀(琵琶湖)です。

天気が悪く、時おり強く雨が降るかもしれないということで、でも船の予約はしてしまったので・・・
夫の機嫌が悪かったです。

JRで琵琶湖の西岸、今津へ。琵琶湖まわりの車窓がいいよね。
波が高くて出港が危ぶまれましたが、なんとか出港することに。お客さん10人もいなかった。
琵琶湖
霧で霞む琵琶湖の景色も近江八景みたいで味があっていいけど、初めての琵琶湖クルーズは、やっぱり晴れてたほうがよかったな。
琵琶湖
竹生島が見えてきました。船は快適。
竹生島
宝厳寺本堂。弁財天様が祀られています。
竹生島
竜神拝所からのながめ。
ここから「かわらけ投げ」をし、名前と願い事を描いたかわらけがこの鳥居をくぐれば、願い事が叶うと言われています。
私のかわらけは、一つは左の崖下に落ちて行き、一つは右の茂みに入ってしまいました・・・

犬
竜神拝所にいた犬。ミニチュアダックスの老犬でしょうか。

竹生島にいる間、なんとか強い雨には降られませんでしたが、夫が蚊に大量にさされました。

お昼は長浜に出て、近江牛の予定が、雨のためとりやめたので、今津港にもどり、今津にあるうなぎ屋へ。
うなぎは台湾産だったのが、夫にはお気に召さないようでした。。

ホテルに戻り、しばし休んだ後、夕食前に祇園へ。伝統木版画の竹笹堂で、室内に毎月飾れる版画を買いました。伝統とモダンが融合したデザインが素敵です。

夕食は祇園もりわきへ。ご主人と奥さんの2人で営む小さなお店でした。こちらは初めて。
おいしい京都の和食。赤飯にカラスミが載っていたり、おいしい発見もありました。
メインは鮎と近江牛。その後、鯖寿司や、〆は手打ちのそばもいただきました。
それに加えて、うつわや酒器に並々ならぬこだわりを感じました!
よいお店を見つけました。また行きたいです。

【2015/07/23 22:24】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月21日〜23日関西旅行(1日目)
7月21日〜23日に夏休みをとり、京都(関西)旅行に行ってきました。
7月21日、1日目は京都です。

新幹線の中でお弁当(牛タン弁当)を食べ、お昼過ぎに京都到着。
駅前のホテルに荷物を預け、タクシーで最初に向かうは、タルトタタンのお店、ラ・ヴァチュール。
タルトタタン
夫の大好物なんです。京都物産展のときに買ったりもしますが、東京でもいつでも食べられるカフェがあればいいのにね。
私の飲み物はティーソーダ。

バスで阪急河原町駅へ移動。そして桂へ。
阪急電車
阪急電車のえんじ色のピカピカしているボディがすごく好きなんですね。座席が若草色なのもグッド。
乗る度に撮ってしまいます。

桂離宮の見学に参加しました。
30人くらいお客さんがいましたが、半分は西洋人。
晴れていたのはいいが、暑い・・・
桂離宮 桂離宮
松琴亭。
桂離宮
松琴亭内装。市松模様のふすまがポイント。
画像や写真だともっと藍色が濃かったけど、年々色あせてきているみたい。それも味がある。

桂離宮
笑意軒側から園林堂を臨む。手前の延べ段がポイント。

桂離宮
秋になれば紅葉がキレイだろうなあ・・・


夜はりょうりやステファンパンテルさんのお店へ。
和洋折衷の工夫が凝らされたモダン・フレンチは大変美味しゅうございました。
メインは鮎と、鴨でした。
席は満席で、我々はテーブル席だったので、毎回ステファンさんが来てくれるわけではないのがちょっと残念でしたが。
ステファンさんの料理の詳しい説明や、ワインの蘊蓄を聞くのがとても楽しみなので。
去年の夏に続き、夏は2回訪れたので、今度はそれ以外の季節に訪れたいです。


【2015/07/23 22:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三菱一号館美術館〜画鬼暁斎〜
三菱一号館美術館にて、画鬼暁斎〜幕末明治のスター絵師と弟子コンドル〜を見てきました。
河鍋暁斎は幕末〜明治にかけて多数の絵画を描いた絵師で、これまでも、クリーブランド美術館展などでたびたび目にする機会はあり、気になる絵師だったので、楽しみにしていました。
ジョサイア・コンドルは明治時代に来日した英国人建築家で、なんと、この三菱一号館を設計したのもこのコンドル氏だそうで、この2人の作品展を(復元された)三菱一号館で開催するというのは、なんとも感慨深いですね。

三菱一号館美術館には今回初めて訪れましたが、赤煉瓦の洋館の重厚なつくりが素敵でした。
美術館としては、一つ一つの展示室が小さく、暖炉?もあるので、江戸絵画や日本画の屛風を展示するにはちょっと不向きかな?洋画のほうがしっくりくるかな?と感じました。普段は、洋画を展示することの方が多いですよね。だから来たことがなかったんです。わりと混んでましたので、部屋が小さいとあまりゆっくり見られないなと思いました。

前期6月27日〜8月2日、後期8月4日〜9月6日で多少入れ替えがあります。

展示内容で面白かったのは、暁斎とコンドルの交流でした。コンドルさんの描いた鯉図などがありましたが、上手いんです。暁斎に熱心に習っていたことがわかります。
暁斎の方も、絵日記に「コントゥール(だったっけ?)」とコンドルが訪れたことを記すなど、コンドルとの交流を楽しんでいたことが伺えます。

暁斎の絵は美人画、動物画、風俗画、妖怪画、春画、放屁合戦(笑)など多岐に渡り、多くの絵を見ることができましたが、ジャンルが多岐すぎて、どれもうまくて、特徴をうまくつかめない・・・という印象は、谷文晁展の時に受けた印象と似ていると思いました。

その中で私が印象に残ったのは、《放屁合戦》の絵面のひどさ(笑)と、《河竹黙阿弥作「漂流奇譚西洋劇」パリス劇場表掛りの場》のドレスの装いの華麗さでした。
あと、一応カーテンでしきられて18歳未満に配慮している春画コーナー。(笑)《若衆物語》の全34枚のうち4、5枚くらいが展示されていたんですが、ヤリ○ンの若い男が、女性たちをはべらせて豪遊しているんですが、なぜか最後の絵では死んじゃうんですね。○○○もクタッとなって、女性たちがまわりで嘆き悲しんでるその図は、涅槃図を思い起こさせ、シュールでした。


近くにあるKITTEで、お昼ご飯に比内地鶏親子丼、デザートに千疋屋にてメロンパフェを食べました。

【2015/07/20 22:27】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蓮2015
今年も蓮を撮ることができました!
雨続きだったり、台風だったりで・・・
土日に、青空をバックに、開き具合がちょうどよい、背の高い蓮の花を撮れるのは、年に1、2回ですね。

蓮 蓮
蓮 蓮
蓮
ななめアングル。
蓮

ピンクの濃い蓮。
蓮 蓮
蓮

夏らしい、木槿(ムクゲ)の花。
木槿

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

【2015/07/19 23:37】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッドマックス 怒りのデスロード(映画)
金曜の深夜、マッドマックス 怒りのデスロードを映画館に観に行ってきました。
マッドマックスシリーズの4作目ということでしたが、前3作は観たことなく、私は全然ノーチェックだったんですね。
でも、6月20日の公開前後から、twitterのTLで度々感想を目にするようになり、それが「暴力と爆発しかない」とか、すごいマスクの悪人ボスとか、無数のスピーカーを積んだ車に乗って火を吹くギター弾きまくる人とかの画像を見て、メタラーに大好評なので気にはなっていました。
そして、メタルおともだちのツキカゼさま、春雪さまも大絶賛なのを見て、これは行かなきゃと、決意しました。

出足が遅かったため、もう地元の映画館で行ける時間は深夜22時からの回しかありませんでしたが、金曜の夜に夫からの許可も出たので、一人で行ってきました。
金曜の22時からの回・・・お客さんは20人ほどでしょうか。カップルはかろうじていたものの、女一人客なんていないですね。(^_^;;

暴力と爆発しかないのに加え、イカれた車とイカれた人しか出てこないのが、最高でした!
車と車がぶつかり合う迫力のカーチェイス/アクションがメインで、それを、改造車のレベルを超えた、イカれた車でやってるんですね。

すごくインパクト大なのは、ヤマアラシ族のハリネズミみたいなトゲトゲのいっぱいついた車。しかもショベルと電動丸鋸までついてる。小学生が考えた強くてカッコイイ車、みたいな頭の悪そうな発想が最高です!

それにやはり、無数のスピーカーを積んだドラム・ワゴン(ドゥーフ・ワゴン)。車前方のステージ?ではドゥーフ・ウォリアーが火を吹くダブルネックのギターを弾きまくる!そして車の後ろには4連太鼓までついてて、太鼓隊がドンドコドンドコと太鼓を叩きまくる!もう、このドラム・ワゴンやギターの人が出てくる度に、笑えてしまいました。(笑)
このドラム・ワゴンはイモータン・ジョー(悪のボス)軍団の中にいて、ウォー・ボーイズの士気高揚のために爆音ロックを流しているのだが、「大車列の軍団で戦場へ行く場合、エンジンの轟音でほとんど何も聞こえない。だから火を噴くギターと太鼓の音を巨大スピーカーで流すことにした。一台の車からだ。」とはジョージ・ミラー監督談。
イカれた車列の中に、爆音ロックが必須であることが前提になってる!素晴らしい!!



シンプルなストーリーで、難しい台詞もない。一度見たら、字幕もいらないんじゃね?というくらい。
だが世界観は映像に表れないところまで作り込まれていて、妙なリアリティがあり、薄っぺらくない。

荒廃し放射能汚染され砂漠化した近未来。砦の中で、水源を独占し、人々を恐怖と暴力で支配する帝国を築きあげているイモータン・ジョー。彼の傭兵であるウォー・ボーイズはスキンヘッド、顔は白塗りで目の周りに黒いメイク(コープス・メイク?)。V8エンジンとイモータン・ジョーを崇拝し、名誉の戦死をとげ、ヴァルハラに召されることを至上の望みとしている。

そのウォー・ボーイズの一人、ニュークスが非常にいいキャラしてまして。(笑)私的名シーンは、戦場に行く際に、イモータン・ジョーにチラ見されて、「今こっちをジョー様が見たわ!今目があった!」って言ってるロックスターのコンサートの女性ファンかよ!というシーンと、作戦遂行の機会をイモータン・ジョーから与えられて、変なスプレーを顔に吹きかけられて、ヒャッハー大興奮しているシーンです。もちろん、彼のその後の改心と、真の名誉の戦死のシーンは涙なくして見られません!
それにしても、あの白いスプレーはなんだったんだろう・・・(笑)

前知識ほとんどなしで見たので、キャラの関係とか理解するのに少し時間がかかってしまったので、翌日買いに行ったパンフをよく読み込んで、なんとかもう一度、劇場に観に行きたいです!
映画のパンフなんて久々に買ったけど、イカれた改造車の図解なんかもついてて、読み応えたっぷり!これを家でメタル爆音で流しながら読むのがまた至福の時間です♪

端から見ればけっこうバカバカしいんだけど、全力で本気でやってることによって、それが最高にカッコ良く見えてくるのって、ヘヴィメタルの世界にも通じるところがあるよなあと思いました。それがメタラーに大好評な理由かも。
だってバカバカしいじゃないですか。イカれた改造車も、V8サインも、王のため国のため山々のため・・・も。(笑)

【2015/07/19 21:58】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
メタル予定
まずはライブの予定から。

◆Extreme Dark Night
Extreme Dark Night
出演:Dark Lunacy(イタリア), Mercenary(デンマーク), Claim the Throne(オーストラリア), Ethereal Sin(日本)
2015.8.23(日)東京公演(渋谷サイクロン)に参戦予定です。
ちけっとぴあ

6月初旬に、Dark Lunacyの初来日の噂が囁かれたころから、心の中でガッツポーズ。公演の告知を楽しみにしておりました。
Claim The ThroneとEthereal Sinは昨年10月のCatameniaの時に見たバンド。ESのブラック神主みたいな和装がお気に入りです。でも真夏じゃ暑かろうな・・・
そしてMercenaryは今回始めて知って、予習し始めたんですが、今までなぜこのバンド知らなかったんでしょうと思うくらいメロのよいメロデスバンドですね!クリーンヴォイスとデスヴォイス両方入っているところがポイント高いです。

8.21(金)大阪、22(土)名古屋なので、あわよくば大阪も行こうと思ったんですが、運悪く、22,23は休日出勤予定なんですね。仕事はお昼には終わると思うので、夜のライブには間に合うと思いますが、遠征できないのは残念です。


◆LOUD PARK 15
LOUD PARK 15
2015.10.10(土)-11(日) さいたまスーパーアリーナ
公式サイト
日割りラインナップが発表されていますね。これにまだバンド追加されるとか?
私が見たいのは、1日目Arch Enemy, チルボド, Gamma Ray, Royal Hunt、2日目Dark Tranquillity, At The Gates, Helloween, Kamelot, Megadethといったところ。もちろん2日間参戦します。まだチケットゲットしてないですけど。(一般発売でいいかと思って)。
ダートラのサイン会とかあったらいいですねえ〜。(*^^*)
多分仕事がくそ忙しい時期だと思いますが、意地でも2日間参戦します。


そして、新譜発売予定。
◆Amorphis

Amorphisの12枚目の新譜、Under The Red Cloud国内盤デラックスエディションは9月9日発売!
この見事な蛇(ヨルムンガンド?)のアートワーク!日本盤デラックスエディションにはあのラウパ13のライブ音源付き!!絶対デラックスエディション買うでしょう!!

◆Stratovarius

Stratovariusの15枚目、Eternal国内盤デラックスエディションも9月9日発売!
こちらのデラックスエディションは、ラウパ13のライブDVD付きです!!あの楽しかった2年前のラウパの感動が蘇ってきますね!!
アモもストラトも楽しみです!^^

以下、気になる新譜情報:
Borknagar 秋
Dark Moor 11月
Solution.45 音源をレーベルに送ったところ?
Circus Maximus 来年初め
Dark Tranquillity 来春
【2015/07/12 15:55】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。