スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サントリー美術館〜藤田美術館の至宝
サントリー美術館にて開催〜藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美〜に行ってきました。
藤田美術館は明治時代に活躍した実業家藤田傳三郎(1841~1912)と、その子息らが収集した東洋古美術品を所蔵する美術館で、大阪市にあります。
私は訪れたことないんですが、こうやって大阪から来てくれるのは、ありがたいですね。

第1章 傳三郎と廃仏毀釈
明治維新という革命は日本を急速に近代化させ、傳三郎も富の恩恵を得ましたが、その一方で、政府の欧化政策は日本の伝統文化の崩壊をもたらしました。傳三郎は、廃仏毀釈によって仏教美術品が破壊されたり、海外に散逸していく危機を憂慮し、これを阻止すべく私財を投じて文化財の保護に努めました。
快慶作《地蔵菩薩立像》は鎌倉時代の作にもかかわらず、着衣の彩色もよく残り、お地蔵様の顔の唇にも紅がさしていて、素晴らしい仏像でした。

第2章 国風文化へのまなざし
古今和歌集断簡や絵巻などがありました。もちろん初めて目にするものばかりです。

第3章 傳三郎と数寄文化
鎌倉時代の書や中国の宋・元時代の古い絵画がありました。

第4章 茶道具収集への情熱
茶入は文琳茶入など、小振りなものが多かったです。
国宝曜変天目茶碗もさることながら、我々がハッとしたのは《飛青磁片口》でした。中国・元時代の、鉄斑が散らされた青磁を飛青磁といいますが、その作例は多くありません。東洋陶磁美術館で持っている花生(壺)を見たことはありましたが、このような片口タイプは初めて見ました!

そして、香合の大関番付にも載る《交趾大亀香合(こうちおおがめこうごう)》を傳三郎が亡くなる10日前に手に入れた(競り落とした)というエピソード。実際に手にすることは叶わなかったようですが、美術品収集への執念が伝わってくるエピソードです。その香合は本展の最後に展示されています。けっこうでかい。

第5章 天下の趣味人
傳三郎といえば、実業界随一の趣味人として知られます。茶の湯や建築・造園のほか、能楽は家族と一緒にたしなんでおり、邸内には能舞台も備えられていました。
ということで、能装束や能面などが展示されていました。
竹内栖鳳の《大獅子図》屛風が大迫力でした!

第4章の茶道具以外は、前期(8月5日〜31日)と後期(9月2日〜27日)で展示替えするものが多かったみたい。竹内栖鳳の絵画も後期には2つ出るし・・・
できれば9月にももう一度行ってみたいです。

とにかく、明治時代に、東洋美術の名品を収集し、守り、後世へ伝えた藤田傳三郎氏ら実業家や財閥に感謝しなければなあと思うのです。


スポンサーサイト
【2015/08/24 22:49】 | 美術館 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッドマックス 怒りのデスロード(映画)3回目
おととい金曜の朝9時から、マッドマックス 怒りのデスロードを映画館に観に行ってきました。
3回目は、極上爆音上映@立川シネマシティへ!
Madmax@立川シネマシティ
念願の!英雄の館(ヴァルハラ)!

お盆休みでシネマシティズン会員なら平日1000円ということもあってか、この日は2回とも満席になっていました。
3日前に会員登録して予約したのですが、16:55の回は既にはじっこしか空いておらず、かろうじて後ろの方の真ん中寄りが空いてた9:00を予約しました。朝からマッド・・・w

さすが極上爆音上映、最初のシーン、マックスのインターセプターのエンジン音からシビレました!!
あとはけっこう普通に観てましたが。
パンフレットやメイキング本も読破しましたが、イカれた車のデザインや、過去の遺物を改造して作った武器の数々、各部族ごとに特徴のある衣装、棒飛び隊のアクション、砂漠の風景・・・なんと全ての造形が美しい映画なのでしょう・・・!
観る回を重ねるほどに、細部まで味わうことができるのが、たまらないですね。
同じ映画を3回観に行くなんて、初めてですよ。

ウォー・ボーイズ達の熱い思いに答えて、立川シネマシティでは9月10日まで極上爆音上映確定したそうです。(笑)
特に土日はすぐに埋まってしまうので、予約はお早めに!

私はもう1回、夫を連れて行こうかと思いましたが、夫はやはり、輸血のシーンがちょっと苦手だったそうです。(^^;;

11時に上映終わり、近くにある立川高島屋で中洞牧場のヤマノキブドウフロート(ソフトクリーム入り)を食べ、お昼は地元に戻ってたこ焼きを食べました。
映画の後の極上ソフトクリームは、最高だね!

【2015/08/16 11:12】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2015年(4月〜6月)メタルまとめ
2015年1月〜6月までに購入したCDは60枚超えました。

まずは、4月30日のOpethライブ予習に、1st〜持ってなかったアルバム揃えたりしました。
元々、5thのBlackwater Parkが最高と思ってましたが、4thのStill Lifeも同じくらいお気に入りになりました。
さらに、OpethのライブDVD(3種)も買ってしまった・・・

続いて、6月8日のFleshgod ApocalypseNe Obliviscarisも、ライブ予習のためアルバムを揃えたりしました。
Fleshgod Apocalypseは、最新作のLabyrinthより前作のAgonyの方が好きです。

◆Inlegend
ドイツのピアノ入りロックバンド(メタルじゃないかも)。
ピアノ(キーボード)が3人(!)に、ベースとドラムという5人組。
ギターのリフの代わりに、ピアノで音を刻んでるかんじ!ピアノ入りロック好きにはオススメ!

この音聴くと、デビッド・フォスターのWinter Games思い出すんですけど。
頭の振り具合はメタルっぽいけど、少年コーラス入るところとか、PVにデモや社会問題入ってるところはメタルっぽくないかな。

こっちでは、ピアノ壊してます。

たっぷり入ったピアノやこのメロはとても好み。
だが、他の曲のPVで、シーシェパードの子供達と走ってるのがあって、それはメタルの思想とはちょっと違うよなあという違和感を感じたのでした。
メタルの思想はもっと、アナーキーであってほしい。社会デモなどに参加するのではなく、自分の鬱憤を詩にしてデス声で吼えたり、神話の世界にトリップしたり、中世の王のため国のため山のために戦ったりしてほしい。

◆Dark The Suns
フィンランドのピアノ入りメロデス。解散済み。こちらで詳しく紹介。

◆Deals Death
育児中のNiklas Sundinに代わってこの夏のDark Tranquillityのライブでサポートギタリストを務めるErik Jacobsonが加入しているスウェーデンのメロデスバンド。
ていうことで、ダートラ経由で知ったバンド。
メロくて、デスくて、いいかんじにキーボード装飾も入れてくるので、好み。
キーボーディストいないのですが、キーボードの音作りもErikさんが手がけているのかな。

Erikさんは金髪サラサラロン毛の人です。(ギター7弦?)もう一人のギタリストは6月に脱退したもよう。ヴォーカルがやたら上半身脱いでてマッチョ。(笑)

◆Mercenary
8月23日のDark Lunacy(イタリア)とのカップリング公演のため、CDを買いそろえて予習してます。
デンマークのメロデスバンド。
いやあもう、なんで今までこれを聴かなかったかと思うくらいの上質メロ!
初期からもう哀愁のメロが染み出ていますが、特に素晴らしいのが3rd〜5thね。
3rd 11 Dreamsは、イントロから2曲目のWorld Hate CenterがブチキレハイトーンVo.入り激烈疾走ナンバー!それだけでなく、ゴシカルな雰囲気も漂わせている。


そして3曲目のタイトルトラック11 Dreamsがもう一緒に歌いたくなる。
でもサビ"NO... We are you dreaming"って、文法おかしくない?


そんで最高にカッコイイのが5曲目Firesoul。もうめちゃくちゃカッコイイとしか言いようがない。

これも高テンションハイトーンまじりのシャウトから。当時のクリーンVo.のMikkel Sandagerの声好きだわ。基本的に、ミカエル・スタンネやトミ・ヨーツセンの渋い低いデス声が好きなんで、あんまりギャンギャンした歌唱は好きじゃないんですけどね。不思議。
テンポは早くなく、ゆっくり展開して、盛り上がっていく。キーボードの装飾も秀逸。ギターソロの後、ピアノ+女性Vo.の挿入に意表をつかれ、クライマックスへ!(最後死んじゃうの?)

4th The Hours That Remainは、前作から、低音ビートとメロはそのままに、キーボードとクリーンVo.を増やして、より聴きやすくしたかんじ?相変わらずメロい。

7曲目からSimplicity Demand。どの曲も甲乙つけがたい。

5th Architect Of Liesは、さらにキーボードがキラキラし、メロを押し進めた結果、所々クサ系がこんにちはしている気が?(笑)アートワークはダートラのNiklas Sundin氏。

2曲目Bloodsong。疾走系でサビでクリーンVo.が炸裂!


5曲目Isolation。イントロのSymphony Xみたいなピアノが好み。哀愁メロと普通歌唱に胸をえぐられる!っていうか演歌!?
アルバムラストにはアチエネのBurning Angelのカバーが入ってたりします。
マジでこの3枚組は買って損無し。

6th Metamorphosisから1曲目Through The Eyes Of The Devil。

ここで歌ってるベーシストのRené Pedersenが現ヴォーカル(クリーン&デス)。今も4人編成。

最新作7th Through Our Darkest Daysからタイトルトラック。

やはり、クリーンVo.とデスVo.一人でこなすの大変だし、ベース弾きながらだし、Mikkel Sandagerのようなブチ切れハイトーンはないし、専任キーボードいないし(ギターのMartinが兼任)、6th以降は曲の印象が違ってますね。

ともあれ、来週のライブで、どんなセトリで聴けるのか、楽しみです!
しかも、Dark Lunacyとカップリングなんて、奇跡の来日ですしね!


7月以降は、CD買いまくりが落ち着いたようです。
9月には、AmorphisやStratovariusの新譜も出るしな。
8月23日のDark LunacyとMercenaryライブが終わったら、10月のラウパにむけて、予習したいところですが、見たいのがいっぱいあって、しかもダートラだけでもう胸がいっぱいなので、何をどうしたらいいのか。(笑)

【2015/08/15 22:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蓮とひまわり
まずは白蓮。
蓮
そしてピンクの蓮。
蓮
蓮
この花、すごく大きいです・・・

ひまわりの群生。家畜の餌用かなと思うのですが。
ひまわり
ひまわり
右のひまわりに、蜂がいるのがわかりますか?(花の下部に影があります)。
ひまわり
ひまわりは本当に、「陽」の花ですね。
それにしても超暑くて、汗で溶けた化粧が目に入り、痛いったらなかったです。(-_-;;

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

【2015/08/02 23:11】 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッドマックス 怒りのデスロード(映画)2回目
金曜の深夜、マッドマックス 怒りのデスロードを映画館に観に行ってきました。
2回目です。
昨日が地元映画館での上映最終日だったんですね。ちょうど夫も翌日休みだったので、説得して一緒に行きました。
プレミアムシートのペアシートに座っていたのは我々だけでしたが、一人シートはけっこう埋まっていました。

夫は採血(自分がされるのが)が苦手なので、輸血袋になってるシーンとか最後の輸血シーンとか大丈夫かなと思いましたが、大丈夫だったそうです。

私は1回目、全くストーリーもキャラクターも知らずに行ったので、最初にキャラクターが登場したときにそれが誰なのか、特にウォーボーイズは同じように見える(笑)ので、見分けるのに時間がかかりましたが、2回目は最初の登場シーンから「これはフュリオサ」「これはニュークス」と判断することができましたので、よりじっくりと鑑賞することができました。
また、ニュークスがジョー様に銀色スプレーを吹きかけられるシーンや、武器将軍が視力を失って、「私は神だ!」みたいな神々しいシーン等、数々のお気に入りシーンで「くるぞ!」という心構えをして、十分に堪能することができ大満足でした。
やはりこの映画、2回は見ておくべきでしょう!

夫に感想を聞くと、「BLAME!(弐瓶勉)みたいだった」確かに、主人公はあまりしゃべらないし、通りがかりだし、荒廃した世界観とか、似ているかもしれません。
さらに、「荒廃した近未来」という世界観の元祖(パート1が)であることに妙に感心していました。夫が好きな80sロボットアニメにも、マッドマックスからの影響が数多く見られるようで。
ともあれ、気に入ってくれて良かったです。Blu-Ray購入の際もスムーズにいくでしょう。

私はといえば、立川シネマシティで、マッドマックスの「極上爆音上映」をやっていることを知り、なにそれ行きたい!と3回目の鑑賞はぜひそれでと思っているところです。
マッドマックスの魅力に取り憑かれたウオーボーイズは立川を「英雄の館(ヴァルハラ)」と呼んでいるらしいです。(笑)
さらに、職場のロック友達(フジロック常連)にマッドマックスについて聞いたら、「3回劇場で見た」「予告編はyoutubeで300回は見た」という答えが返ってきて、あらためてマッドマックス怒りのデスロードは素晴らしい映画だと感じました。

【2015/08/01 22:04】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。